≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

低開発の記憶-メモリアス― memorias del subdesarrollo

監督:トマス・グティエレス・アレア/1968年/キューバ/ドラマ/97分

低開発

1961年。革命から2年後、カストロによる「社会主義宣言」が行われ、キューバ危機へと向かう激動の中、変貌を遂げるハバナ。キューバ社会、そして人々を「低開発」として傍観するブルジョアジー・セルヒオ。彼の目と彼と関わる女性たちを廻って映し出される熱狂的で緊張感漂う世界。革命でも亡命でもなく、ただ内省する傍観者はやがて孤独に陥り、自らの崩壊を予見する。そして人生の記憶をたどる旅に出る。カストロの演説をはじめ、貴重なドキュメンタリー映像を織り込み、革命直後のキューバを鮮烈に描いて世界中から注目を集めたラテンアメリカ映画を代表する名作。


スポンサーサイト

| 上映作品紹介 | 09:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。